精製ホホバオイルとゴールデン非精製ホホバオイルの違い

ホホバオイルの値段は、基本はオイルのグレードによって決まってきます。そして、そのグレードはホホバオイルの実の品質と、圧搾処理の違いによって決まってきます。

最初に、このイメージはホホバオイルではないのですが、精製オイル(左)と非精製オイル(右)の違いが分かるので公開しています。左のオイルは、この次に精製処理を経て無色透明なオイルになります。

最初に製法の違いを説明します。

非精製(ゴールデン)ホホバオイルの製法:
最初に非精製は、低温・低圧で圧搾したオイルです。この時の温度・圧力によって品質が決定されます。昔は、高温高圧の技術がなかったので、全て非精製のオイルでした。そして何も化学処理をしていないのが、ゴールデンカラーの非精製ホホバオイルです。ビタミンA・ビタミンEを含んでいるので、きれいなゴールデン・カラーになります

精製(クリアー)ホホバオイルの製法:
非精製ホホバオイルを採った残りカスには、まだホホバオイルが残っています。そこで、メーカーによっては、この残りカスに残っているホホバオイルが相当の量になります。これではもったいないので、残っているオイルを取りだすために、高温高圧で圧搾、そしてヘキサンを利用して残りカスからホホバオイルを抽出・化学処理をしたのが、精製ホホバオイルです。

無色のホホバオイルは、100度を超える化学処理のためビタミン類は破壊されたオイルになります。

正確には、ホホバでは無いのですが、同じオイルで高温高圧で処理したオイルと低温低圧で処理したオイルの違いを御覧下さい。そして高温高圧処理した濃い色をしたオイルは、強い匂いがします。

このような濃い色で強い匂いのオイルでは売れませんから、ヘキサンを利用し化学処理をして脱臭・脱色処理をして無色透明(クリアー)のホホバオイルが出来上がります。高温高圧で処理するので、お肌のための滋養成分が破壊されてしまいます。

このように化学処理をして出来たのが精製(クリアー)ホホバオイルです。ですから非精製(ゴールデン)ホホバオイルに含まれているお肌の滋養成分がすべて破壊され無くなっています。

どうして非精製の方が良いのでしょうか?

高級ワインを飲むといろいろな香りがあり複雑な香りとコクがあります。そして安いワインはギズギスして味が単純です。これと同じです。非精製ホホバオイルは、いろいろな栄養分・ミネラル等が入っていますが、精製オイルは単純なワックス成分だけです。

医薬品や化粧品は、有効成分と言われているものをピックアップしてブレンドします。このために、いろいろな成分が混合した状態では、トゲトゲした状態なのです。【ふくわらい】というゲームがありますね?複数の美人女優からこの眼が素敵、この女優の鼻の形が良い、別の女優の口の形がおちょぼ口で良いなどと集めた顔を作っても、決して最高の美人にはなりません。化粧品会社がしていることは、この【ふくわらい】と同じです。

自然は最高の化学工場なのです。人間が一生懸命やっても自然がつくり上げるものの方がより複雑で高度な成分を作り上げます。そしてナチュラルなので化学的に安定しています。だから、そのままの状態で利用した方が、お肌のために最適なのです。

インタッチ ホホバオイルは、最高の非精製ホホバオイルです。インタッチ ホホバオイルを5年以上ご利用の女性の写真を御覧下さい。お歳は65歳です。これがゴールデン ホホバオイルが、お肌のお手入れに最適であるという証明です。

非精製ホホバオイルは、400年以上の利用実績があります。だから安心して利用出来ます。

インタッチ アロマケア ゴールデン ホホバオイルは、ココから購入出来ます。
インタッチ アロマケア