アメリカで妊娠中の女医がCovid-19ワクチンを摂取したら、赤ちゃん死亡

新しく開発された医薬品には、事故がつきもの。

あるアメリカのサイトで見つけた記事に、”妊娠中の女医がCovid-19ワクチンを摂取したところ、赤ちゃんが死亡した”との記事がありました。

アメリカで妊娠中の女医がCovid-19ワクチンを摂取したら、赤ちゃん死亡(英文)

アメリカであったケースですが、日本でもありえるかもしれません。事が起きてからでは遅いので、妊娠しているかもしれない、あるいは妊娠中でしたら、ワクチン接種を受ける前にいつもお世話になっているお医者さんと相談した方が良いかもしれません。そして、出産するまであるいは赤ちゃんが母乳を飲まなくなるまで、ワクチンを控えた方がよいかもしれません。

いつもお世話になっているお医者さんと相談した方が良いかもしれません。