ホホバオイルが凍ってしまいました。どうしたら良いでしょう?


凍ったホホバオイルです。

日本の冬は寒いです ブルブル…

日本に戻ってきて一番感じたのは、日本の冬の寒さです。12月ともなると朝晩冷えます。ところによっては雪が積もり、そして凍ってしまいます。こうなると気をつけて歩かないと、転んだら大変ですね。

メルボルンの冬って、ほとんど水が凍らないのです。山の上だと雪が積もり、凍ったりするのですが、平野の部分で雪が降ることはほとんどないと言えると思います。

今日、あるご利用者から質問を頂きました。

「ホホバオイルが凍ってしまいました。どうしたら良いでしょう?」

最初に、大事なことをお話します。

油の一番の大敵は、水です。オイルが入っているボトルの内側に水分が入ると、室温が下がった時に、その水分がボトルの内側で水滴が出来ます。

そして、ボトルの中に水滴ができると、ごくまれにですがカビが生える場合が有ります。このため、ホホバオイル 1L ボトルをご利用の場合は、ボトルを小分けして利用することをお勧めしています。

そして、冬で室温が10度程度に下がると、写真のようにホホバオイルが固まる場合が有ります。

固まってしまったホホバオイルですが、

● 温かい部屋(室温10度以上)にしばらく置く
● 急ぎの場合はぬるま湯で湯煎
(水分がボトルの内側に入らないように注意して下さい)

そして、固まったことによる品質の低下は有りません。ですが、
ボトルの内側に水滴が着くと品質低下のリスクが高くなる場合が有ります。

特に東北・北海道にお住まいの方は、ご注意下さい。

この記事が、役に立ったのでしたらイイねをお願いします。

Facebookページを作りました。よければ、イイねをお願いします。

Facebookページ
https://www.facebook.com/InTouch.Aromacare.Japan/

インスタグラム
https://www.instagram.com/intoucharomacare/

サブコンテンツ

このページの先頭へ