メルマガ用ワーク

顔にアトピーがある場合の使い方を教えて下さい

時々このようなお問い合わせのメールを頂くので、簡単に説明しますね

化学的にホホバオイルはワックスなので、寒くなって気温が、10度程度に下がると固まリます。

だからと言って湯煎を勧めている人がいますが、湯煎の湿気がボトルに入ると、ボトルの内側にカビが生える時があるので、ボトルが冷えないようにタオルなどでカバーして室温が下がっても大丈夫なようにして下さい。

特に、ホホバオイルの1L は、必ず小分けをしてからご利用下さい。1Lボトルは、乾燥した冷暗所での保管をお願いします。

アトピーが顔にある場合
アトピーが顔に出る場合は、首の部分の血行を改善するため首の付け根の部分にもホホバオイルを塗るようにして下さい。

理由は、首の付け根には頸動脈と頸静脈が走っています。アトピーで顔が赤くなる原因として頸静脈の血行不良が考えられるので、首の付け根の部分にもインタッチ ホホバオイルを塗って、頭部に溜まっている老廃物を心臓にもどすようにして下さい。

そして、血行を良くするために、さらっとしたホホバオイルを利用することも、血行を良くするためのポイントの一つです。インタッチ アロマケアのホホバオイルは、多くのプロのアロマセラピストの方々に利用して頂いています。安心してご利用下さい。

後は、顔から首への血行をよくするために、イスに座った状態で顔を天井に向け首の前面を伸ばすストレッチをしましょう。

まだまだありますが、重要なポイントはこれだけです。購入者の方には写真を頂ければ、もっと詳しいことも教えていますので、購入時に使用したメルアドから、写真と質問をお寄せ下さい。

今日は簡単な顔のアトピーのお話でした。

インタッチ アロマケアへ質問は、コチラへお願いします。

intoucharomacare@gmail.com
質問だけでなく、お困りのところの写真を頂けるとより詳細の回答が可能となります。

そして、良くなった写真を頂いた場合には、お礼として最低50mlのホホバオイルを一本、顔が写っている写真を頂いた場合には、200mlを1本差し上げます。そして、頂いた写真は、マスクをかけ個人を特定出来ないようにし、個人情報非開示で公開する可能性があることをご理解下さい。

インタッチ アロマの製品の購入記録が見つからない場合は、簡単な回答とさせて頂きます。

お願い:
① 必ず症状の部分の写真を添付して下さい。
言葉で説明されても、分からないからです。
② 症状確認のため追加の写真をお願いする場合が有ります。
③ 医者は、全ての病気に対して完治をすることを保証していません。同様に、インタッチも、完治を保証するものではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ