トランプ氏時期アメリカ大統領へ

最初は、今までの政治家と違う型破りの選挙戦をしていたトランプ氏

途中からセックス スキャンダルで騒がれて苦戦と聞いていたので、どうなるのかと思って心配していました。

昨日の開票結果は、圧倒的な大差でトランプ氏

思うのですが、今までの大統領選挙って政治のプロの対決だっと思います。

そして、アメリカ国民はオバマ大統領の時から、ちょっと政治のプロに対する不信感によってオバマ大統領がそして、今回のトランプ氏が選ばれたような気がします。

オーストラリアのテレビで流れていたのですが、トランプ氏の最後のスピースで「君たちのことを心配している」って言っていたのが心に残りました。

オーストラリアのテレビ解説でも、ヒラリーが最初の女性大統領ばかりを打ち出していたので、アメリカ女性が嫌ったという話しをしていて、なるほどと思いました。

結局アメリカはアメリカ国民の利益じゃなくて、アメリカの大企業の利益を一番優先する国なので、日本を始めとする他の人の利益を考えない国だと思います。

モンサントは、遺伝子組み換えで有名ですがモンサントは遺伝子組み換えをしていない種をノルウエーの北極近くに自社種苗倉庫を持っています。

遺伝子組み換え作物で人口を減らし、生き残った自分たちは、遺伝子組み換えしていない種で生活しようとしているのではと思います。

それ以外にもいろいろな自分勝手な自分達の利益を最大にしようとする話しがあります。

ちょっと女性には??と思うのですが、軽く経済のお話をします。

新聞では経済回復とか書いていますが、私はこれから二番底が来ると思います。二番底という言葉をネットで検索して下さい。

歴史は繰り返すという言葉を聞いたことがあると思います。

1929年に、ニューヨークのマーケット クラッシュ
1932年に、世界大恐慌

経済には7X年サイクルという経験則があります。
1929+80= 2009
リーマンショックが有ったのが2008年

だから、同じ年数を考えると、
2011年には、世界大恐慌2nd が来るかもと思っていました。

ですが、多くの国が経済振興と刺激策でお金を使いました。そして、多くの政府はお金を使いすぎたので、もう借金で首が周りません。

そして株の世界で言うのですが、二番底は一番底よりも激しく景気回復がしばらく出来ない状況になるのは、歴史が証明しています。

なので、トランプ氏はたぶん知っているので、君たちの事が心配と言っていたのではと思います。

本質を治さず治ったように思わせる化粧医薬品や、
きれいになったように見せるけどお肌を痛める化粧品等

化粧品会社が販売する化粧品・スキンケアはどんな製品なのかを見回して下さい。

そのような製品を使うより、本当にあなたのお肌を内側からきれいにするスキンケアこそ購入する価値があるとインタッチは信じています。

たぶん、これからは本物の身体の内側からきれいにするだけでなく、化粧品に疲れたお肌を元気にするスキンケアが選ばれると思っています。

あなたは、どんなスキンケアをお望みですか?

● 見せかけ良くてもお肌を痛めるスキンケア
● 派手には見えなけど、お肌が生き生きしているスキンケア

インタッチは、”お肌が生き生きしているスキンケア”を開発、販売しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ