アメリカ大統領選挙ってどうなるのでしょう…

アメリカ大統領選挙で、どっちが勝っても私の生活には関係ない!!!と思ってたら大きな思い違いからもしれません…

え?だってアメリカの大統領だから、日本の政治や経済に関係ないです!

だいたい、女性問題で破廉恥な人がアメリカ大統領なんて、不謹慎極まりないです。きっぱり断言

本当に確信を持って断言しますか?します!?

それでは、これからの話しを聞いて下さい。

最初に、ヒラリーとトランプの一番の違いは?

どこまで本当なのか分かりませんが、最近の噂では、ヒラリーが大統領になったら、アメリカはロシアと戦争を仕掛けるという噂がアメリカであります。

ヒラリーは、いわゆる政治家あがりで、アメリカで一番最初の女性大統領になりたいと活動してきました。

それにたいして、トランプは今まで政治家として活動したことは有りません。

でしょう、そんなシロウトが政治にしかもアメリカ大統領なんて、言語道断です。きっぱり

そう思うかもしれませんね、共和党の議員までも今回はヒラリーを押すとか、ずいぶん風向きが違いますね…

ところで、あなたはTPPって知っていますか?知らなかったらネットでTPPについて調べて下さい。

この頃、テレビや新聞などのマスコミが肝心な記事を書かない、しかも、報道しない自由をしています。このため、どんな事が国会で審議、可決されているのか分かりません。

もし、日本の国会とアメリカ議会がTPPを承認すると、TPPは承認されます。

前にも書きましたが、アメリカと日本でTPPが承認されると、遺伝子組み換え作物がどんどんアメリカから来ますし、遺伝子組み換えかの表示義務も無くなりますから、どんなものを食べているのか分からなくなります。←これって知っていました?

つまり、アメリカ議会が承認すると、日本はアメリカの大企業に無条件で荒らされることになります。

日本の法律があってもそれは日本企業のための法律であって、アメリカ企業には関係ないのです。たぶん、日本の一番の被害者は、日本の建築業界だと思います。

役所がなんらかの工事をする時には、英文で案件を公表する義務が生じますし、日本の業者が仕事を取ると、不公平だとアメリカの密室で議論され、不公平と判断されると日本の役所が罰則が適用されます。

(私の理解が正しければ)、条約は憲法より優先されるからです。これって、非常に不公平と思いませんか?そんな馬鹿なと言っているだけで調べて下さい。

日本の国会議員さんは、真っ黒に塗りつぶされた書類で審議しているそうなのです。ネットをチェックして下さい。

ヒラリーも普通の共和党議員も、大企業の代弁者なので、TPP大賛成です。ヒラリーは今のTPPは甘すぎるとまで言っていました。

つまり、アメリカは日本からどんどんお金を吸い上げると宣言していることになります。ですが、日本の国会は、TPPを承認?ネットで調べて下さいね。

日経新聞も産業界の代弁者ですから、日本経済の活性化とか書いています。ですが、一般市民の生活の質は?たぶんどん底へとなるのではないでしょうか?

日経新聞も産業界の代弁者ですから、日本経済の活性化とか書いています。ですが、一般市民の生活の質は?たぶんどん底へとなるのではないでしょうか?

今の医療保険制度とかも変わってくるかもしれません。アメリカの医療の実態って、ものすごい費用が掛かるのです。(ネットを検索して調べて下さい。)

貧乏人は、病院に行ったら破産するしかない?

だから、病気にならない食事そして生活習慣の心がけが必須になると思います。ありとあらゆるものが、アメリカ企業に左右される日本になるでしょう。

ところで、トランプはTPPに反対派です。

トランプはTPPを承認しないと言っています。なので、私的には、トランプが大統領になってくれたほうが、アメリカ企業に日本のマーケットを荒らされないという安心感があります。

私的には、安全な食生活を維持するためにも、TPPは成立してほしくないと思っています。

あなたは、どう思いますか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ