オーガニック野菜を食べても、ある条件が…

なんとなくわかっているオーガニックを食べた方が良い…だけど

全てをオーガニックに出来なから、野菜だけオーガニック…

そんな選択をしていると思います。ですが、これって極限を言うと野菜だけオーガニックは無意味なんです。

たぶん、ウソ!!!っと叫ぶと思うのですが、本当です。

最近のメルマガに書いていますが、なぜか脂の話をしていますよね?

いろいろな化粧品、製薬会社の薬、食品添加物、殺虫剤などの化学成分は、石油から作られているのは知っていると思います。

人間の脂の部分は、脳と神経という話をしました。つまり、食品添加物、化粧品、医薬品に使われている石油からの成分は、神経そして脳に付きます。

脳や神経をキレイに保つには?↓
キレイな脂を取る↓
きれいなお肉↓
オーガニック肉

これを考えると、オーガニック野菜とオーガニック肉ではオーガニック肉を優先すべなのが分かります。

どんな餌を食べて育った牛や豚なのか?ということです。普通の養豚業者などでは、成長促進剤や病気を防ぐための薬など使っていると見たことが有ります。今は法律が変わって禁止されているのかもしれませんが…

日本の牛肉と言えば、霜降りが有名ですが脂が多いので美味しいです。ですが、日本はアメリカから配合飼料を購入しているのは有名です。その配合飼料には、遺伝子組み換えのトウモロコシや大豆などが利用されているようです。

つまり、オーガニックショップで、一生懸命オーガニック野菜を購入していても、普通にお肉を購入していれば、アメリカからの遺伝子組み換えの大豆やトウモロコシが配合されている配合飼料で育った牛や豚を食べていることになります。

では、どうしたら健康的な遺伝子組み換えの餌を食べていない牛肉を食べられるのでしょうか?
それは、グラスフェッドと言われる牧草で育った牛肉がオススメです。

結局、安全を選ぶのか?美味しいものを選ぶのか?どちらを優先するか?それは個人の選択ですが、安全なのはグラスフェッドと言われる牧草で育った牛や豚の方が、遺伝子組み換えの飼料を食べていないでしょう。だから、グラスフェッドと言われる肉の方がより安全と言えるでしょう。

全てをオーガニックには出来ないでしょう。そうなると、どっちを選択すべきなのか?自分の耳と耳の間で考えるしか有りません。私は、このような考えからをして、可能な限りオーガニック肉を食べるようにしています。たまには脂の乗り切った牛肉を食べるのですが…

面倒と思うかもしれませんが、物事を細かくブレークダウンしていろいろな観点で検討する習慣をつけないと、結果としては騙されると言えます。

追記:
脳の中にナノ酸化チタンが入り込んでいるのが見つかりました。食品添加物から入ってきたのか、化粧品で使われていて入ったのかは不明です。脳の中は電気信号が流れているので、今後どんな事が起きるのか分かりません。当然、運動神経にも付着してれば、なにか可怪しいことが起こってもおかしくないです。

健康であり続けるというのが、大変な世の中になってきました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ