野生生物は原油流出で危機にさらされた。

なにげなく利用している化粧品ですが、化粧品は石油を精製した成分から作られています。石油というものを考えたときに、巨大な災害を引き起こしたこの事故を無視することは出来ません。

❝エクソンバルディーズ号原油流出事故
出典:wikipedia
1989年3月24日発生
流出した原油の量:
1100万ガロン(約4,200万リットル)

この災害で、多くの野生動物が被害を受けました。
野生生物は原油流出で危機に晒(さら)された

記録されている被害:
各種の海鳥:25万-50万羽、ラッコ:2800-5000頭、カワウソ:約12頭、ゴマフアザラシ:300頭、ハゲワシ:250羽、シャチ:22頭、その他サケやニシンの卵の被害は甚大であった。”

この写真からわかりますが、死んだ野鳥に原油がまとわりついています。鳥の羽は水を弾きます。つまり鳥の羽は脂なので、原油が羽に付着し落ちません。身体が重くなれば飛べませんし、そして皮膚まで原油に覆われたら呼吸が出来ませんから、死亡してしまいます。大量に流出した原油のため大規模な環境破壊そして、エスキモーに大きな被害が生じました。

現代社会は、化粧品、医薬品、スーパーのビニールバッグなど、ほとんどの物が石油から作られます。そして、原料は石油ですから、野鳥と同じように皮膚に付着すると皮膚は呼吸できません。

そして、ある化粧品会社のサイトに、ワセリンでは皮膚呼吸出来ないという資料が有りました。
酸素吸収率 ワセリンと植物性オイルの比較
出典:ジュベリアコスメディカルズサイトより

この資料を見れば分かるように、ワセリンや化粧品会社のクリームを塗っていて息苦しいと感じているなら、あなたは正しいのです。これでは、皮膚は酸素を吸収できません。

お肌が呼吸できるスキンケア
それがインタッチ ホホバオイルです

クレンジング:
たっぷりとホホバオイルを手に取り、なじませてメイクを浮き上がらせてから、ティッシュで拭きとってから洗顔して下さい。

毛穴の奥の汚れを落としたい場合:
入浴前に一度ホホバオイルでクレンジングしてから、入浴中にもう一度ホホバオイルを塗ってから優しくマッサージします。毛穴の奥に入り込んでいた汚れが浮き上がってくるので、簡単に洗い流せます。

あるアラ還女性の口まわりがすっきりしてた写真をご覧ください

肌荒れ用スキンケアオイルの改善例

肌荒れ用スキンケアオイルは、インタッチ ホホバオイルに肌の滋養成分を追加しました。ホホバオイルだけでは、もの足りないと思っている女性のために開発しました。

今なら肌荒れ用スキンケア オイル200ml+ホホバオイル200ml のセットが、発売記念で通常価格より10%安くなっています。インタッチの気が変わる前にお求め下さい。
肌荒れ用スキンケアオイルを購入する

サブコンテンツ

このページの先頭へ