【災害時の食事】炒り玄米


【災害時の食事】炒り玄米

炒り玄米は、普通に食べるより栄養があるのでお勧めです!

避難所に避難してもカップ麺や即席食メインになるので、体力気力とも低下するそうです。このため、保存が効いて忍者飯とも言われた最強保存食、炒り玄米を作っておく事をお勧めします(なるべく無農薬で)。作った人によれば、アラレ感覚でめっちゃ美味い♡そうです。

【炒り玄米は?】
玄米の中にはイノシトールという成分があり、これは肝臓を強めて老廃物を体外に排泄する大切な役目をしてくれます。

フイチン酸は、ストロンチウムと結合して体内に吸収することなく外に出してしまう性質があります。
ストロンチウムは、福島第一原発からも”今も放出”されています。

ストロンチウムだけでなく、公害物質なども流す働きが強く、梅干と共に食べると、梅干のクエン酸やアミグリンという特殊成分の働きも加わって、公害物質を体の中に残さないで排泄する働きがある。

また、ガンマーオリザノールという成分は、神経の働きを強め、自律神経の調節には非常に大切な成分です。自律神経が良く働けば内蔵の働きも強められ、新陳代謝も盛んになります。

【炒り玄米の作り方】
参考サイト| iemo[イエモ]
※ここでは塩ですが、いい無添加醤油で作っても充分美味しい。

コツは、さっと水洗いして塩無しでゆ~っくりゆ~っくり炒ってください。最後の最後にお塩ちょいかけ、あるいはいい醤油をかけ乾く寸前で火を止めて乾燥させます。

【炒り玄米を食べる時の注意】
メッチャ良く噛んで食べましょう。災害時は特に。お腹壊しちゃ行動不能になります。噛んで噛んで消化酵素しっかり出して食べましょう。胃が弱い方は、少量を100回は噛む事をお勧めします。

追記 これは”炒って”玄米の”殻を破って”ますので栄養を奪う事はないでしょう。

参考サイト|
iemo[イエモ]
江崎 正孝氏 【災害時の食事】炒り玄米


こんなことが知りたいという内容がありましたら、インタッチへ問い合わせからお知らせ下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ