[アトピー攻略]お風呂の入る時の注意点

アトピーの人がお風呂に入る時の注意点

アトピーの人向けに入浴時の注意点をまとめました。

1.湯船に入る前にシャワーで皮膚に付いている汚れを落としましょう。
2.アトピーの酷さにもヨリますが、長風呂は控えましょう
3.シャンプーと石鹸で洗う時の注意点
4.洗ってからの注意点

1.湯船に入る前にシャワーで皮膚に付いている汚れを落としましょう。
アトピーは、皮膚がガサガサになっている状態なので、皮膚に汚れがたまりがちです。お風呂に入る前に皮膚についているアレルゲン因子あるいはネバネバした液をシャワーで流してから湯船に入りましょう。

・ネバネバした液が出ている人
アトピーのところからネバネバ液が出てくる人は、シャワーでネバネバ液を軽く洗い流してから湯船に入りましょう。ネバネバしたのは異常繁殖した黄色ブドウ球菌が死んだ残りです。家族の人が後から入る場合は、シャワーで軽く流してから洗いましょう。

・アトピーでかゆくなって掻きこわした部分がある人
掻きこわしてしまったところがある人も、かきこわしてしまった部分を軽くシャワーで流し、汚れ(アレルゲン因子)を洗い落としてから湯船に入りましょう。

お風呂に入ると体温が上昇し、かゆみが増します。カユイからと掻いてしまうと、皮膚組織を傷つけるので、湯船に入る前にアレルゲン因子をシャワーで洗い流しましょう。

2.アトピーの酷さにもヨリますが、長風呂は控えましょう
アトピーの人は長風呂は控えましょう。そしてぬるま湯にして体温の上昇を抑えましょう。

掻きこわしがある人は、皮膚組織が破壊されています。そして、長湯をすると皮膚組織が柔らかくなるので、バスタオルでこするとすれて痛くなります。皮膚組織が破壊されていると、余計に雑菌が繁殖します。このため皮膚組織を壊さないようにするため、長湯は控えた方が良いです。

・長風呂をお勧めしない理由1:体温が上昇しかゆくなる
長風呂をすると、体温が上昇しがちです。体温が上昇すればかゆみが増します。このため、体温上昇を防ぐために長風呂をお勧めしません。

・長風呂をお勧めしない理由2:皮膚組織が柔らかくなりかきこわしがひどくなる
長湯をすると、皮膚組織が柔らかくなります。そしてその状態で掻いてしまうと皮膚組織が余計に破壊されます。皮膚組織を描きこわさないために、長風呂をお勧めしません。

・長風呂をお勧めしない理由3:天然保湿因子や細胞間脂質等が流出防止
長風呂をすると天然保湿因子や細胞間脂質が流出してしまうので、これらの流出を防止するため、長風呂をおすすめしません。

3.シャンプーと石鹸で洗う時の注意点
シャンプと石鹸の違いは、シャンプーには合成界面活性剤が入っている。本来の作り方でせっけんを作っているなら、合成界面活性剤は入らないからです。

合成界面活性剤は皮膚を必要以上に乾燥させるので、アトピー肌の原因となります。アトピー肌で汚いからとゴシゴシこすって皮膚を傷めないようにしましょう。

4.風呂あがりの注意点
風呂あがりには、シャンプー・石鹸の成分を洗い流すために軽くシャワーをしてから、タオルでこすらないように拭いて下さい。

ここで、シャンプーの成分を洗い流すために、長くシャワーを浴びると皮膚が柔らかくなりタオルでこすると皮膚が傷みやすくなります。

5.風呂あがりにインタッチ ホホバオイルをご利用ください
アトピーで傷んだ皮膚を守るため、インタッチ ホホバオイルをご利用下さい。アロマセラピーに詳しい人達が絶賛するホホバオイルです。アロマセラピー・整体師などのプロから信頼されているホホバオイルです。

推奨される理由:
・お肌に浸透されるスピードが、他社性ホホバオイルと比べると早い:
ホホバオイルの品質を判断するひとつとして浸透するスピードが有ります。皮膚へ浸透するスピードが早いのはそれだけ皮膚がおいしいと判断しているからです。

塗る量やご利用の肌によって異なりますが、5分もあれば充分にお肌へ浸透します。
注意:ワセリンなどの石油系化学成分の製品をご利用ですと、吸収されるスピードは遅くなります。

・豊富なビタミン
ビタミンE(血行促進作用)、ビタミンA(皮膚の角質化や乾燥化を防ぐ)、ビタミンD(皮膚や髪などの再生を促進する)が入っているので皮膚を回復するのに最適です。

6.誤った記事がたくさんあります。
商品を紹介し紹介料を頂こうとするブロガーが、誤った記事を沢山書いています。

・ゴールデン色のビタミンEが入っていないのにビタミンEが入っていると書く

インタッチ ホホバオイルのゴールデンカラーは、血行促進作用があるビタミンEが入っているからです。ところが、ブロガーによっては、無色透明なホホバオイルにも黄金色のビタミンEが入っていると書き、無色透明なホホバオイルを推奨している人達がいます。

・オーガニック認定 ≠ 石油系化学成分0% が現実
目に入るとピリピリするオーガニック認定ホホバオイルには石油系化学成分が入っています。たぶん多くの人が、

オーガニック認定 = 石油系化学成分0%

と思っていると思いますが、現実は

オーガニック認定 ≠ 石油系化学成分0% です。

オーガニック認定団体によっては石油系成分が入っていてもオーガニック認定が可能です。そして、どのオーガニック団体でも石油系成分が0%であることを要求していません。現実問題として隣の農家の農薬散布が飛来したなどの事情で、石油系化学成分の混入を抑えることは不可能です。

・インタッチは1,000人以上のアトピーの人達をサポートしてきました。
インタッチは、オーストラリア政府認定の自然療法のプロとして登録されています。登録されるために、34科目 1,274 時間の過程を修得しました。その後、

クリニックで、お客さんへ指導をしながらホホバオイルを販売しています。その実績を元にしてオンライン通販をしています。

カウンセリング付きインタッチ ホホバオイルを購入する。

インタッチとは?
インタッチは、34 科目 1,274 時間のコースを修得し、2000年からオーストラリア政府認定のオーストラリア自然療法師学会に登録された経験豊富なアロマセラピストの会社です。そして日本のプロのアロマセラピスト向け定期発行誌へ10年以上連続投稿しています。

現在、68歳で四肢麻痺の女性のリハビリを担当しています。最近、四肢麻痺から下半身不随へと改善しました。四肢麻痺から下半身付随へ改善されることは非常にまれです。

このページの先頭へ