赤ちゃん アトピー性皮膚炎についての考察

赤ちゃんアトピーに悩まされているお母さんがたくさんいらっしゃると思います。

いろいろな資料を見ていると興味ある資料があります。それは、

アトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のセラミドが足りないと説明している資料が結構あります。

そして赤ちゃんアトピーは、発症しても赤ちゃんがある程度大きくなると体から皮脂を出すようになると、アトピーが治ると説明している資料もあります。

これらの説明が正しいのであれば、赤ちゃんアトピーにはステロイドを塗らず、とにかくセラミドあるいは皮脂などの表皮に含まれている細胞間資質に似た成分を塗ることが一番の解決方法であると結論することが出来ます。

逆にいうと、単純にアトピーだからとステロイドを漫然と処方し、ステロイド性皮膚炎へと病気が変わっているので、治らないとより強いステロイドを出している状態が結構あるのではと、心配するものです。

医療用グレードに匹敵する最高品質のインタッチアロマケア ゴールデン ホホバオイルは、細胞間資質に含まれている高級脂肪酸がたくさん含まれているナチュラルな植物性オイルです。ですからお肌が弱い赤ちゃんでも安心して塗ることが出来る保湿剤です。

インタッチのご利用者の中でも何人もの赤ちゃん アトピー性皮膚炎が治ったと報告を頂いています。

ステロイドを塗りたくないのでしたら、ホホバオイルをご利用下さい。副作用もありません。長年利用されているナチュラルなオイルです。

赤ちゃんアトピー性皮膚炎の最適なナチュラルな保湿剤:インタッチ アロマケア ゴールデン ホホバオイルはココから購入できます。

このページの先頭へ