超敏感肌なら精製ホホバオイルで赤くなる可能性が…

ある精製ホホバオイルの成分表を見ていて気になることを
見つけました。

それは、

精製ホホバオイルなのに、成分表には

【ホホバオイル】

とだけ表示されています。

ゴールデンと言われている非精製ホホバオイルなら、抗酸化作用があるビタミンEが入っているので、酸化しません。そして、オイルと書いてありますが、化学的
には、ワックスです。このため化学的にも安定しています。

ところが、精製ワックスはお肌の滋養成分が精製処理で破壊されているので、お肌の潤い成分が入っていません。あくまでも、ワセリンと同じような働きしかしません。

ところが、サイトによってはお肌の滋養成分が入っているような記事を見かけます。

そしてホホバオイルを塗ったら真っ赤になったとの記事を書いているサイトがありました。

そして、別のサイトには

つけて1時間後くらいするとなんだか顔が熱を持った感じになり、徐々にやんわり付けた部分がピンクになり、ややかゆみをもちました。

という記述もありました。

法律上ホホバオイル化粧品でも医薬品でもなく、雑貨です。

そして、ホホバオイルを塗ったら真っ赤になったということは、ひょっとしてBHTなどの成分が入れられているのかな?という疑惑が…。

理由は、雑貨なので成分などの制約がないからです。なのでお手軽にBHTなどの抗酸化作用がある成分を入れているのかな?という疑惑が…。

ちゃんとしたゴールデンで塗りすぎるとビタミンEのために赤くなるケースがありえますが、その女性の写真をみると異常に赤くなっていました。

もともとお肌が弱いのらしいのですが、ちょっと異常に真っ赤です。

そのためか、彼女のブログには

【ホホバオイルは危ない】

みたいな記述が…。

ホホバオイルはいろいろな種類があります。どれを買っても同じということはありえません、

やはり、どのホホバオイルも同じとかんがえるのではなく、ホホバオイルについて良く知っていそうな会社から購入することをお勧めします。

このページの先頭へ