カミソリ負けには、ホホバオイル+モイストオイルが最適です

こんな問い合わせがありました。

16歳の息子さんは、肌が弱くアトピーもあるそうです。身だしなみのために毎日カミソリで髭をそっているため、カミソリ負けのために、ブツブツと赤くなって痛そうに見えます。インタッチ ホホバオイルは効きますか?

カミソリ負けには、ホホバオイル+モイストオイルが最適です。このブログ記事をご覧下さい。

ホホバオイル体験談:インタッチ ホホバオイルでカミソリ負けが改善されました。

この写真をご覧になれば、塗ったところと塗っていないところの差異がわかります。

もしカミソリ負けしている部分が化膿しているような場合はカミソリをしばらく中止し、ヒーリング オイルで化膿している部分に塗布して、消毒しましょう。

アトピーは、黄色ブドウ球菌が原因でなると書いているサイトがありますが、これは違います。理由は黄色葡萄球菌は常駐菌だからです。なので、肌についている全ての黄色ブドウ球菌を殺したら、健全な皮膚とはなりません。だから、全ての黄色ブドウを殺してしまうのは、大問題なのです。お肌のメンテナンスが出来なくなるからです。そのような誤ったことを書いているブログは、無視しましょう。

そして無色透明のホホバオイルの場合には、血行促進すると言われているビタミンEが入っていません。そしてワックス成分だけなので、お肌の滋養成分によるお肌の改善は望めません。無色透明のホホバオイルを販売しているある会社は、無色透明なのに、ビタミンEが豊富と説明していました…販売元そしてアフィリエイトサイトの両者ともに誤っていました…

そして無色透明の精製ホホバオイルには抗酸化作用がある成分(ビタミンE)が破壊されています。このため、精製ホホバオイルの成分表に”ホホバオイル”だけ書いてあって長持ちするのなら、その製品は、石油系の抗酸化作用がある成分が入っている可能性が考えられます。なので、精製ホホバオイルは要注意なのです。

なので、そのような事を書いているサイトは、パスしましょう。

ホホバオイルを塗るときには、ぬるま湯でお肌を濡らしてからホホバオイルを手にとって伸ばしましょう。先にお肌を濡らしていると、ホホバオイルが簡単に伸びるので少量のホホバオイルですみます。

どことは書きませんが、あるメーカー サイトの説明も不適切ですし、アフィリエイトと言われる口コミを書いているサイトも不適切な内容を沢山書いています。結果としてですが、自分のサイトから、ホホバオイルを購入してもらおうと、誤った知識を書いてしまっていると言えるでしょう。

インタッチは、抗菌作用があると言われている成分が入っているヒーリング オイル、荒れ肌が滑らかにすると言われている成分が入っているモイスト オイル、そして傷跡の部分の血行を促進すると言われているリペア オイルなどの製品があります。

あなたのお困りの内容に応じた製品をご利用下さい。

インタッチの製品は、インタッチ アロマケアから購入できます。

このページの先頭へ