乾燥肌の原因は、化粧品の可能性が高いです。

NHKのためしてガッテンで、面白い番組がありました。

衝撃!美容マニアが89歳に惨敗

このタイトルから分かるように、

【化粧品で一生懸命お手入れしている40歳の美容マニアが、
お手入れしていない89歳のお肌より乾燥していた。】

乾燥が気になるあまり、いろいろな化粧品のお手入れを
することが、逆に乾燥を招いているという事実です。

この話を見ればわかるのですが、化粧品を化粧品会社の
言うように使っていると、乾燥してお肌を傷めるのは
当然なのです。

その一番の原因が、合成界面活性剤です。

そして次の原因が、ケミカル ピーリングです。

お肌をキレイに見せようとするために、
表面の死んだ皮膚組織を無理やりはがしとるのが、
ピーリングです。

ピーリングをすれば、死んだ細胞はハガレますが、
逆に、まだ死んでいない細胞がむき出しになるので、
乾燥を防げないのです。

キレイにしっとりのお肌 = お肌がむき出し

と考えるべきなのです。

化粧品のお試しでちょっとやって、

【しっとり】と感じて、

これを繰り返せばお肌がキレイに!と思い込んでしまったのが、
誤りの始まりです。

物事って短期間の結果より、長期間の結果が大事です。

短期間でキレイになったということは、
長期間続けた場合には、逆効果になる可能性が高いのです。

それだけ過激な作用であると考えられるからです。

キレイなお肌になるには、
多少時間が掛かる方法の方が、安全でしかも
効果が長持ちします。

だから、石油からの成分が沢山入っている化粧品より、
ナチュラルなホホバオイルがお肌のためには良いのです。

乾燥肌をしっとりさせるインタッチ ホホバオイルはココから購入できます。
インタッチ ホホバオイル ショップ

このページの先頭へ