シミ・ソバカスの本当の原因

女性が非常に気にしているのに

【シミ・ソバカス】

があります。そして化粧品あるいはレーシックでも
お肌が白くなると宣伝していますね。

ですが、どうしてシミ・ソバカスになるか
知っていますか?

シミ・ソバカスがあるところって、

顔に有ってそれ以外にはないのでは?

そう、化粧品を塗っている部分と、
シミ・ソバカスがある場所が同じ?
ではありませんか?

そう、ほとんどの化粧品の白いベースですが、
真っ黒でべったりしている石油のタールから
作られます。

いろいろ処理を経てキレイにしたのが、
白いクリームです。ワセリンとかも同じです。

白いキレイなクリームを見るとお肌が白くなるのでは
と願望を持つと思います。

ですが、石油系素材は感光作用があります。

つまりお肌に塗っているとシミ・ソバカスが
出来てしまうのです。

サンスクリーンのベースもこの石油系素材です。

なので、オーストラリアではサンスクリーンを
利用し始めてから悪性腫瘍が増えたとのレポートが
あります。

理由は簡単です。

白いベースは感光作用があります。

サンスクリーンの成分はお肌を焼けるのを
防止します。

真逆の作用の成分が入っているサンスクリーンを
塗っていたらお肌を傷めるのは当然です。

この理由から、化粧品を利用しているところに
シミ・ソバカスが出来てしまうのです。

インタッチ ホホバオイルのご利用者の声で、
多くの女性が、

【シミ・ソバカスが薄くなった】

と言われています。

ちなみに、無色の精製ホホバオイルにこのような
成分は入っていません。

インタッチ ホホバオイルはココから購入できます。
インタッチ ホホバオイル ショップ

このページの先頭へ