誤った【正しいホホバオイルの使い方】こんな使い方しないで下さい。

いろいろな人がいろいろ書いています。ですが、誤った使い方、オイルをダメにする使い方を推奨するサイトがあるので、注意しましょう。

誤った使い方1

“1) 容器ごとぬるま湯に浸けるか、オイルを手にとって人肌に温めます。
人肌温度だと皮脂なじみが良いんです。

2) 手に取ったオイルでかーるーく顔の肌をマッサージ。このとき力を入れたりゴシゴシこすってはいけません。

3) ティッシュを顔に乗せてプレスします。ティッシュオフです。ティッシュにオイルを付けて余分なオイルを落とします。ここでもこすっちゃダメです。

4) モフモフに泡立てた純石けんとぬるま湯で優しく洗顔します。

これでお肌もっちりしっとり~★
鼻の毛穴の黒ずみも良くなってきました。”

”容器ごとぬるま湯に浸ける”って書いてありますが、これってホホバオイルをダメにします。

化粧品は石油系素材なので、湿気があっても問題ないですが、ホホバオイルはナチュラルなので湿気があるとカビが生えます。

インタッチのお客さんには、

【普段は乾燥している冷暗所に保管して下さい。】

と説明しています。実際ある人が、

【ホホバオイルの中に黒いのがフワフワしている。不良品だ!】

とクレームしてきた人が居ました。そこで、

【普段どこに置いていましたか?】

と質問したら、大阪の人でお風呂や洗面所の近くに置いていたそうです。

季節は夏…大阪の夏は、蒸し暑い季節です。しかも、湿気が多いお風呂・洗面所の近くに…

湿気が、ボトルに入ってカビが生えてしまったのです。

ホホバオイルは、小分けにして、普段は小さいボトルから
利用して下さい。

インタッチ ホホバオイルは、1Lボトル(1L)がお得です。
1Lボトルを小分けしてご利用下さい。
割安なインタッチ ホホバオイルはココから

それと、もう一つ課題が。

”モフモフに泡立てた純石けん”とありますが、
コスメの人がいう泡立ちです。ですが、
これって合成界面活性剤(←お肌の組織を壊すので有名な成分です)が入っている可能性が非常に高いです。

昔ながらの石鹸は、そんな泡立ちがしないからです。

石鹸の白いフワフワした泡は、合成界面活性剤だから出来ます。合成界面活性剤は、お肌の脂分を取り去り、お肌を乾燥させる張本人です。

そしてコスメからの知識の人は、これを大事にします。

インタッチは、コスメの人の話に従って酷い目にあったので、
コスメ系の人の話を信用していません。

コスメ トラブルでお悩みなら、ぜひインタッチのナチュラル スキンケアご御覧ください。

それと同時に、強力な殺菌力も兼ね備えており、
さまざまな肌トラブルの改善にも有用な効果を発揮します。

実際、ある実験では、皮膚トラブルを引き起こす黄色ブドウ球菌やカンジダ菌など
5種類の細菌をホホバオイルに付けたところ、
1時間15分で破壊されたというデータが報告されています。

ここで書かれている黄色ブドウ球菌並びにカンジタ菌ですが、これらは常在菌
と言われて、人間の身体に常時存在します。

なので、健康ならば過剰に殺菌をする必要は有りません。そして、これらの細菌
だけでなく全ての生物は、オイルの中では生存出来ないのです。詳しくは、誤解シリーズ】油に油を付けてもしょうがない気がするのですが。。。を御覧ください。

インタッチ ホホバオイルは、1Lボトル(1L)がお得です。
1Lボトルを小分けしてご利用下さい。
割安なインタッチ ホホバオイルはココから


インタッチ ホホバオイルご利用者のためにまとめたインタッチ流 正しいホホバオイルの使い方です。こんなコトにも使えるの!?とびっくりされるでしょう。
他社ホホバオイルで同様の結果が出るとは限りません。

ホホバオイルの本当の使い方・安全なスキンケア・化粧品トラブルに関心があるなら、メルマガ登録をして下さい。
インタッチ アロマケア メルマガ登録

プロ歴15年のアロマセラピストが見つけた
お肌を傷めないインタッチ ホホバオイルは
↓↓↓ココ↓↓↓から購入出来ます。
インタッチアロマケアショップ

このページの先頭へ