オーガニックと医療用グレードとは別の規格

オーガニックと医療用グレードとの関連を時々聞かれますが、まったく別の規格です。

オーガニックは、農薬や肥料もオーガニックで利用しても良いと認められている製品だけを利用して栽培することを、オーガニックと言っています。場合によっては、認証機関によりオーガニックであると認定されている場合もあります。認定されていないから、そうでないという判断は、正しくはありません。小さい企業や農家によっては、その認証のために掛かるコストと販売価格の差を考えると、割に合わないと判断すればオーガニック農法で育てていても、認定を受けないからです。

この点が、よく理解されていないのではと思います。

医療用グレードとは、その圧搾する時の製法に違うのです。オーガニック認証を受けている、受けていないとは関係ないのです。

インタッチ ホホバオイルは暫定的オーガニックの認証を受けています。

アトピーのかゆみや掻き壊した肌が短期間で治ったと喜んで頂いた医療用グレードに匹敵するホホバオイルはココから購入できます。

このページの先頭へ