オーガニック認定でも100%オーガニックではない

オーガニック認定について質問を受けるので、簡単にまとめました。

最初に結論を述べるなら、
【オーガニック認定でも100%オーガニックではありません。】

日本で知られている2つのオーガニック認定の基準を調べてみましょう。

・ACO認定ガイドラインの概要
原料の95%以上がオーガニックな農作物である事
残りの5%についても、農作物でない天然の原料 またはオーガニック認定でない天然の農作物である事。
農作物は全て遺伝子組み換えではない事。

つまり、ACO認定を受けたオーガニックコスメは、化学合成成分は一切使われていない、100%天然成分であるという事になります。

・ECOCERT(エコサート)認定ガイドラインの概要
エコサートの化粧品に関する認証には2つのラベルがあります。

COSMEECO(コスメエコ)というラベルと、さらに厳格なCOSMEBIO(コスメビオ)というラベルです。

COSMECO(エコロジーラベル)の基準
・完成品の95%が自然原料であること。(水含む。)
・完成品の5%は化学原料で良い。
・完成品の5%は、オーガニックでなければならない。
・植物原料の50%は、オーガニックでなければならない。
・化学香料は、使用不可。

COSMEBIO(エコロジカル&オーガニックラベル)の基準
・完成品の95%が自然原料であること。(水含む。)
・完成品の5%は化学原料で良い。
・完成品の10%は、オーガニックでなければならない。
・植物原料の95%は、オーガニックでなければならない。
・化学香料は、使用不可。

参考: http://organicosme.web.fc2.com

オーガニック認定の誤解:
多くの人が誤解しているのは、

【オーガニック認定:100%オーガニックでないとオーガニック認定されない。】

と誤解しています。

オーガニック認定を受けているから、多くの人が100%オーガニックと思い込んでいますが、実際にはそうではありません。

オーガニック認定を取るには:
いずれにしてもオーガニック認定を採るには何年かの移行時期が要求され、その後オーガニックの条件を満たす努力が要求されます。

農家によっては、その労力を掛けるコストに見合うだけの売価で販売出来るかが課題です。
この労力をかける価値がないと判断をしたら、オーガニック認定を取らないというビジネス判断を下さします。

オーストラリアにおいては、オーガニック認定と非認定の価格差が縮小しているのが現実です。

この記事のポイントは、
オーガニック認定だから100%オーガニックではないという事を知って下さい。
認定を受けなくても、オーガニック農法で販売している農家は居ます。

インタッチ ホホバオイルは、そのような農家からホホバオイルを購入しています。

キーワード:
オーガニック認定

このページの先頭へ