インタッチ ホホバオイルでアンチエイジング 2-

化粧品の有効成分は、ほんのちょっと。大部分は、感光作用がある石油系素材です。

女性が一番気にするのがアンチエイジングでしょう。

そして化粧品でもアンチエイジングと書いてある化粧品は沢山あります。

そして化粧品会社の宣伝文言を見ていると、よく

『たっぷりとご利用下さい。』

と書かれています。

と言っても、普通の女性はアンチエイジング化粧品は高いのでたっぷりと塗らないと思います。

化粧品会社のセールス レディは、『だから効果が出ない。』言っていると思います。

===================================
化粧品会社のアンチエイジング クリームって?
===================================

ところで化粧品の成分ってどの程度入っているか?って考えたことありませんか?

白いふわっとしたクリームって石油系素材なのです。世界中どこも同じ。

白いクリームでないと売れないそうです。

その白いクリームに、有効成分と言われている成分を、ちょこっと入れたのか化粧品の実態です。

白いクリームは、石油系素材なのでドラム缶1本数千円の単価と聞いています。それに有効成分を混ぜ、
白いキレイな入れ物に入れて、きれいなパッケージに仕立てあげ、デパートに並ぶわけです。

そしてキレイな女優が、『これを塗るとお肌がキレイになるわよ。』とテレビで何度もささやくのです。

この【構造】を考えて見るとわかると思いますが、化粧品の中身のコストより、キレイなパッケージ、デパートなどのキレイな販売店、そして豪華女優によるコマーシャルなどのコストを考えたら、実際の化粧品のコストって、全然安いのです。化粧品の中身の製造コストってもともと、石油から作った成分なので安いのです。

化粧品会社が、アンチエイジングと宣伝しているのは高く売れるからです。

でもその肝心なクリームの大部分は、感光作用がある石油系素材です。だから効果は限られたものになる可能性が高いです。逆それでも効果がある製品なら、アンチエイジングであるように見せる製品である可能性が高くなります。無理やりにアンチエイジングしているような製品であれば、その製品を辞めた後に、何かが起こるかもしれません。

===================================
インタッチ ホホバオイル ナチュラル スキンケアのアンチエイジングって?
===================================

インタッチ ホホバオイルでアンチエイジングですが、最初にお肌に無理がかかりません。そして、化粧品会社のクレンジングで落とす必要がないので、ホホバオイルの成分がお肌に累積をしてお肌の保護膜を丈夫にしていきます。これが一般的なアンチエイジング グリームとの違いです。

そしてホホバオイルは、人間の皮脂のワックス成分に一番近いので、皮膚組織の細胞間脂質として累積します。

ところが、アンチエイジング化粧品は、石油系素材のクリームがベースなので皮膚組織へと浸透しません。
そしてクレンジングをすれば、お肌からクリームの成分が拭き取られ、そして余ったクレンジングはお肌を傷めます。

このため、長い間には、ホホバオイルを塗り続けた人と、化粧品会社のクリームを塗り続けた人には、大きな差が出来てしまうのです。

お肌に負担をかける化粧品を使い続けるより、お肌に負担をかけないインタッチ ホホバオイルを使い続けた方が有利なのは、この写真を見れば明白です。

キーワード:
インタッチ ホホバオイル, アンチエイジング 化粧品, アンチエイジング スキンケア, クレンジング

このページの先頭へ