体験談:陰部の慢性的かゆみ、膀胱炎、小陰唇の痒み、陰毛の処理の被れ

インタッチ ホホバオイルご利用の方からの体験談をご紹介します。

お話によると40代女性です。

改善された内容:
陰部の慢性的かゆみ、膀胱炎、小陰唇の痒み、陰毛の処理の被れ
==============================
私は毎日顔以外にも陰部に塗っています。

アレルギー体質で陰部の慢性的な痒みに、ほとほと閉口していました。
慢性化しているので、強いステロイドは使わない方が良いとの事で、
婦人科で、レスタミン・アルメタ・ベシカムを混合した薬が処方されるだけでした。

薬を塗ると痒みが引く時もありましたが、完全に無くなる事はありませんでした。
インタッチホホバオイルは切痔や陰部にも良いと書いてあったので、寝る前に早速塗ってみました。

陰部全体と尿道口・膣の入り口から中も塗ります。
結果は大変良好です。小陰唇の痒みは 最近では殆んどありません。
陰毛の処理の時も使いますが被れは一切起こらなくなりました。

パトーナーとのSEXも大変スムーズに行なえています(彼にも塗ってあげます)

尿道口も塗りますから膀胱炎を繰り返す事もなくなりました。
ありがとうございました。
==============================

日本の資料を見るとホホバオイルでアレルギーと書いてありますが、
アメリカの医療レポートの中には、本物のホホバオイルには
アレルギーがないとあります。

インタッチ ホホバオイルは、クレンジングの時に目に入っても
ピリピリしません。だから陰部などのデリケートなところに利用出来ます。

オーストラリア女性で、出産時にホホバオイルを利用して出産したケースがあります。
その場合には、ちゃんとした本物のゴールデン ホホバオイルをご利用下さい。

よく精製ホホバオイルとゴールデン ホホバオイルをごちゃまぜにして、
非精製ホホバオイルでは出来ないことを、できるがごとく書いているサイト
があるので注意して下さい。ゴールデン ホホバオイルでもピリピリする
製品があるようなので、そのようなオイルでは、このようなことを
しないで下さい。

どうして、陰部のかゆみが収まるのか?ですが、インタッチ ホホバオイルの
ゴールデンの色は血行促進作用があるビタミンEの色です。

血行が促進された結果かゆみが改善されたと考えられます。

そして、本物のホホバオイルには抗炎症作用があるので、
このために、膀胱炎が改善されたと考えられます。

精製ホホバオイルには、このような改善される可能性はありません。

このページの先頭へ