一日一善と言われるけど…

おはようございます。

昔から一日一善(いちにちいちぜん)をすると良いと言われているようです。たまたまですが、昨日ある若い夫婦に喜ばれました。

所要のため、飛行機で日帰りで東京に出かけた時の話です。

私は横二人の窓際の席でした。しばらくすると子連れの若夫婦がきました。そして、私の隣に、小さな男の子が座り、お母さんらしい女性が通路を挟んで座りました。

そして、私の前にはお父さんらし人と、もうひとりのお子さんが座りました。

お母さんらしい女性の顔を観たら、ちょっと心配そうな顔をしていて、母の顔を思い出しました。とっさに、そのお母さんらしい人に、席を変わりましょうか?と提案し、席を変わってあげました。

もう何度も乗っているラインですし、そのお子さんが寂しそうだったからです。

そのお母さんには、「ありがとうございます。」と感謝され、前の席に座っていたお父さんらしい人が後ろを向いて感謝の言葉を頂き、良いことをしてあげたと思いました。

読書をしている時に、ちらっとお母さんと男の子を観ていて、母親の愛情を感じました。

降りる時にも、彼らからありがとうございましたと感謝のお言葉を頂き、一日すがすがしい一日を過ごすことが出来ました。

このページの先頭へ