あなたが使っているイタリア産トマト缶は○○かもしれない…

以前、イタリア産オリーブオイルの話をしました。今度は、イタリア産トマト缶について気になる本が販売されています。

岡山のスーパーに、安いイタリア産とラベルがついたイタリア産オリーブオイルだけでなく、安い値段の缶入りイタリア産トマトが販売されています。

スーパーで安いイタリア産トマトが販売されているのを観て、怪しいなと思っていたら、こんな本が販売されていました。

そしてこの本について、あるブログで紹介されていました。

【赤いヘドロ】中国産黒いトマトがイタリア産赤いトマトで日本の食卓

この記事を見ればわかると思うのですが、結論から言えば

節約思考は粗悪な商品を選んでしまう可能性が高い

のでは、ないでしょうか?健康に長生きしようと思ったら、いろいろ感じることが大事だと思います。

インタッチが販売しているホホバオイルに出会ったきっかけは、プロのアロマセラピストだけしか入場できないプロ向けの展示会です。

まるで、千と千尋の映画にでも出てきそうな、会場の端っこのブースでぽつんと一人で立っていた展示者

そこに展示されていた聞いたことがないブランド

それが、オーストラリアで栽培されたホホバから作られたホホバオイルでした。手にとってテストすると、スーッと浸透するホホバオイル

今までのアメリカ・アルゼンチン産とは違うホホバオイルだと直感しました

そのときに、展示者に農場見学と工場見学ができますかと確認したところ、できると回答を得たので、まずは試しに購入しました。後にこれらの工場を訪問した記事をアロマトピアへ投稿しました。

そして、クリニックでいろいろなお客さんに試してみました。いろいろな結果を得たので自社ブランド化し販売しているのが、現在のインタッチ ホホバオイルです。

インタッチは、体が感じていることを非常に重視しています。本来皮膚は、外部からのものを受け入れないのです。ですが、皮膚が受け入れるということは、

体が、コレ大好き

と言っていることです。

そして、日本でも多くのアロマのプロの人にご利用頂いているのは、同じように感性を大事にしているセラピストの方々が多いです。

もし、体がコレ大好きと言っているホホバオイルを試してみたいのなら、こちらからどうぞ

インタッチアロマケア ショップ

から購入できます。

このページの先頭へ