アトピーの最大の課題はなぜかゆみなのか?

アトピー治療に使われている治療薬として処方されるのは、ステロイドと、ワセリンです。

ワセリンは保湿薬として利用されていますが、インターネットで見れば分かることですが、これは石油から作られます。

アロマの世界から見ると、石油から作られたものは、肌を老化させる成分です。ですから、引掻き壊した皮膚を回復するには天然の成分の方が、好ましいは容易に想像出来ます。

そして、ステロイドですが、副腎皮質ステロイドホルモンのことで、これは炎症を抑えるのと、免疫の働きを弱めてアレルギー反応を抑える作用があります。

これらから、アトピー性皮膚炎の人には、保湿剤に炎症を抑える作用とアレルギーを抑える作用があれば、アトピー性皮膚炎に非常に有効だろうと考えられます。

アメリカの医療レポートに、医療用グレードのホホバオイルには、抗炎症作用、抗アレルギー作用があるとあります。

インタッチ ホホバオイルは、その医療用グレードのホホバオイルを規格を満足しており、アトピー症皮膚炎の方々に試して頂いたところ、かゆみが抑えられた、腫れが引いたと、医療レポートに書いてあった作用が確認できました。

普通のお店で販売しているホホバオイルでは、たとえ結果が出たとしても製造元や農家まで知らない限り、安定してその品質維持したホホバオイルを提供できるかは疑問です。

ですから、この意味でも、製造メーカーがどこまで元を遡っているかをチェックするのが、非常に大事な話になってきます。

ステロイド薬以外でアトピー性皮膚炎のかゆみを抑えた、医療用グレードのホホバオイルはこちらから入手できます。

このページの先頭へ