注意:この話しは実話です。個人情報保護のためプライベートに関わる部分、理解しやすくするために一部加筆・修正を致しました。そして、個人的感想も含まれている事をご了承下さい。

この記事は、あるインタッチ アロマケアをご利用の女性から頂いた相談から始まりました。

[インタッチ]
いつも、InTouchをご利用いただきありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、私も以前そんなことがあり、カンジダだとかいろいろ疑ったのですが、全然治らず困っていました。

それで、ある日分かったのは、家でトイレに入ると痒くなり、駅でトイレに入ったときに全く痒くならなかったのです

それは、家のトイレットペーパーには香料が入っていたのです。そこでトイレットペーパーを無香料のものに変えたら、その日から痒みはなくなりました←ココがポイントです。

過去に化粧品に悩まされた経験があるので、肌の弱い人には化粧品などで利用されている合成香料や、化学物質は非常に体に悪いということです。

それを、化学物質過敏症と言います。

いろいろ試されてもダメというということですのでひょっとして、

○○さんの体の問題ではなく

使っている
トイレットペーパー、シャンプー、洗剤、柔軟剤、抗菌肌着、化繊肌着、特にサポーターのストッキングなどが原因かもしれません。

思い当たることはありませんでしょうか?

下着は、コットン100%で、抗菌加工などをしていないものを着用してみてください。

モイストオイルは、ホホバオイルとヘンプシードオイルなので大丈夫ですが、ヒーリングオイルやリペアオイルは精油が入っていて多少強すぎる場合がありますので、お客様の場合は避けたほうがよろしいです。

いろいろ試されてこられて、体の中に化学成分が溜まってきていると思いますので、解毒(排毒)をしていかれたほうがいいですね。

私は、毎日リンゴ酢(注2)を大匙1杯飲んでいます。リンゴ酢は身体を解毒できますし、体をアルカリ性にしてくれるので、いいと思います。リンゴ酢がなければ黒酢、米酢、レモンでもかまいません。

シャンプーや洗濯には、当社でも扱い始めた無香料でナチュラル成分だけのココナッツ洗剤を利用されるのも一考と思います。これなら、下着にイヤな匂いも付きませんし、さっぱりと仕上がります。同時に洗濯機の中の嫌な匂いが消えたので、気に入っています。

柔軟剤がいらないので、皆さんに喜ばれています。

長々と失礼いたしました。少しはお役に立ちますでしょうか?

ここで紹介している化学成分をしようしていないノンケミ トイレットペーパーとは、こんな製品です。

ノンケミ トイレット ペーパー

[ご利用者から]
丁寧なご返答をありがとうございます。

とても心あたりがあります。

実は、手持ちのショーツでも素材によって痒くなりました。特に痒くなるものは見ると綿にポリエステルが入っているものでした!

あとは洗剤もベビー用のを使っていますが、精油(注1)が入っているようなのでそれも原因かもしれません。そしてトイレットペーパーも香料入りのものです。

実はココナツ洗剤、お試しを取り寄せてみましたので使ってみようと思います。

お酢もすぐにできそうなので取り入れてみます。

なんだか気持ちが和らぎホッとしました。部位がなかなか人に相談できないだけに塞ぎ込み、気持ちも手伝って痒みも増していたのかもしれません。いつもこの位の時間にひどく痒くなりますがさほどではありません。

ホホバオイルで顎の皮むけも治まりました。しばらく身の回り品を見直して生活してみようと思います。

感謝申し上げます。

現在、この記事を書いている段階ではその後の進展を頂いていません。

この記事が、化学物質過敏症の方々の参考になれば幸いです。

インタッチは、ご利用者からの相談を受け付けております。インタッチの製品をご利用になっていて、分からないこと、不安なことがありましたら、インタッチへの問い合わせから、遠慮なく質問して下さい。

注1:精油
多分ご利用者の方は、匂いがするので精油と言われているのではと思います。ですが、洗濯洗剤を作っているような会社は、コストと簡便性から精油ではなく石油から作った合成香料を使用していると思います。本物の精油を使用すると、コストが高く採算が合わないからです。

そして、人によってはこの洗濯洗剤の香料で頭が痛くなる人もいます。私もその一人です。この合成香料が原因で、頭が痛くなると思っています。

多くの人がこのようなことで不幸と思っていますが、私は逆に幸福と思っています。それは、そのような製品を使うなというサインだからと、考えているからです。

何かが起きた時に、どのように受け止めるかが大事だと思います。

注2:クエン酸回路(サイクル)
クエン酸回路は、生命の働きに必須(ひっす)のエネルギー物質として重要なATP(アデノシン三リン酸)をもっとも効率よく生産するプロセスの名前です。クエン酸を沢山採ると若返りするとも言われています。レモン、添加物が入っていない醸造酢を毎日少しづつ採ることをお勧めします。

メルマガを希望される方は、インタッチ アロマケア メルマガ登録から登録出来ます。

このページの先頭へ