化学物質過敏症を防ぐインタッチ ホホバオイルとココナツ洗剤

化学物質過敏症という言葉を聞いたこと有りますか?

”化学物質過敏症(かがくぶっしつかびんしょう)とは
非常に微量の薬物や化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露によって健康被害が引き起こされるとする疾病概念。

化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状、その進行・回復速度や度合いも多種多様であるといわれる。 本態性環境不耐症とも呼ばれる。
化学物質過敏症 – Wikipedia”

このように、普段何気なく使っているシャンプー、リンス、化粧品、洗濯洗剤、台所洗剤、医薬品を含める石油系成分から作られる化学物質に過敏になる症状のことを言うようです。

私も、洗濯洗剤等の臭いかダメなので、一種の化学物質過敏症かもしれません。

おかげ様で、この前中年女性も参加している集まりがあったので参加したのですが、歳を聞かれたので年齢をつぶやいたら、信じられないと言われました。

彼女達が想像していた年齢よりも、10歳も年上とは思わなかったそうです。

つまり、一般的な大メーカーの製品は石油系素材で作られているので、ナチュラルな成分で作られた製品だけを使うことが、いつまでも若々しいお肌を保つ秘訣だと思います。

そして、化学物質過敏症になると様々な症状があるようです。あるブログから引用すると、

”「シックハウス症候群」で、昔、問題になりました。あれは、建材のホルムアルデヒドという化学物質に過敏に反応してしまう病気で、この化学物質過敏症の一種とされています。

化学物質過敏症の症状は、「頭痛」、「めまい」、「イライラ」、「肩こり」、「吐き気」、「呼吸困難」、そして皮膚の「湿疹」など様々です。問題は、ひとたび、ある化学物質で過敏症を発症してしまうと、その後、他の様々な化学物質によっても、症状が出てしまうケースもあるので、深刻です。”
TBS ラジオ

「化学物質過敏症」を知っていますか?


より

石油系素材は、化学的には無機質というのですが、何万年も前に死んだものから作られた石油から作られます。

そして、石油から作られた様々な製品が流通するにつれ、ガンが増えたりといろいろなことが増加しています。

大事なことは、先を見越しそれを回避する手段に切り替えることです。

テレビで宣伝されている化粧品を使い続けお肌を痛めてから、ナチュラルなスキンケアを使い始める。

それよりも、ちょっとお肌の状態が気になるので、お肌を痛めないナチュラル スキンケアを使い始めるのか?

それは、あなたの判断です。

切り替えが遅くなるほど、お肌を痛めてから切り替えることになるので、お肌を痛めたくないなら今日からナチュラル スキンケアに切り替えましょう。

前にも書いていますが、全てはあなたの感じることが大事です。あなたが、自分のお肌が喜んでいるのか、大変と思っているのか?最初に、それを感じて下さい。

あなたのお肌が悲しんでいると思ったら、

インタッチ アロマケアの商品を御覧下さい。

インタッチ アロマケア ショップ

もし知りたいことがありましたら、下のお問い合わせからどうぞ
お問い合わせ

このページの先頭へ