アトピー痒み対策は、保湿と殺菌から始まる

アトピーの記事を見ていると熟睡出来ないとの話を良く聞きます。原因は、痒みのために熟睡できないようです。

朝起きると爪に夜中に掻いて赤くなった爪があるのが憂鬱と掻かれていた女性もいました。

痒くなる理由としては、布団に入って体が暖かくなると炎症の場所が痒くなるそうです。

炎症を抑えるアロマとしてはラベンダーが有名ですが、原液のままですと強力ですし、お金がいくらあっても足りません。そこでキャリアオイルのホホバオイルに、炎症を抑える作用があります。

アロマの観点からみれば、アトピーのように皮膚に痒みがある場合には、ホホバオイルを塗るだけで、炎症を抑えることができますし、同時に保湿をすることも出来ます。そして良質なホホバオイルはお肌の細胞間組織を安定させる作用があります。ですから一石三鳥です。

この女性も乾燥肌アトピーで苦しまれた方ですが、インタッチ ホホバオイルを体に塗ってから、夜が怖くなくなったと話をされていました。 朝起きた時に爪が赤くない、肌がべとつかずすっきりしている、そして赤かった肌が落ち着いた。これほどうれしいことはありません。

このような結果が出るのは良質な医療用グレードと言えるホホバオイルには、抗バクテリア、抗真菌作用、抗炎症作用、創傷治癒作用があるからです。ですからアトピーで真っ赤に腫れた肌でも炎症を抑え、そして過剰な黄色ブドウ球菌などを抑える作用があり、そしてお肌が安定するから熟睡できました。普通のホホバオイルではこのような結果は出ません。

注意ですが、良質の医療用グレードと言える非精製(ゴールデン)のホホバオイルでしたら、このような特性があります。

抗酸化作用、抗バクテリア、抗真菌作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用、創傷治癒作用、血行促進作用等があります。 ですからこの様な結果を出すことが出来ます。

医療用グレードと言えるホホバオイルで検索して、表示されるサイトはインタッチだけです。だから結果を出せるのです。他社ホホバオイルでもこの様な結果がでるとは思わないで下さい。

当然ながら、当方はオーストラリアでプロ登録されているアロマセラピストの実績がありますので、いろいろな人へのお客様へのサポートをしております。

これらの結果はこのオイルを利用したものです。他社オイルでそのようになるかは知りません。
http://www.intoucharomacare-japan.com/blog/

ご注意願います。

乾燥肌アトピーの人で顔以外が真っ赤に腫れて苦しんでいた女性が二日で熟睡できるようになったホホバオイルはココで購入できます。

アトピーが深刻だったのに、夜熟睡できるようになったのは、強力な保湿剤だけど、さらっと仕上がるオーストラリア ゴールデン ホホバ オイルを利用したからです。ココから購入できます。
このような蕁麻疹や、乾燥肌アトピーの人に喜んで頂いています。

このページの先頭へ