[読者からの質問]化粧品落としに、ホホバオイルを使って皮膚の奥に浸透しませんか?

今日は、あるご利用者から質問を頂いたので、取り上げました。

質問は、「化粧品落としに、ホホバオイルを使って皮膚の奥に浸透しませんか?」

化粧品の成分は、角層(かくそう) 厚さ:わずか0.02mm までで留まらなければなりません。

ですが、化粧品トラブルの内容を検証すると、法律で定められた0.02mmよりも浸透しています。

そして、化粧品等に利用されているナノ酸化チタンは、脳の中まで浸透しています。なので、化粧品を塗っているだけで、もう無理なのです。

だから、化粧品が浸透するのを心配しているのなら、化粧品を利用すべきではありません

こんな記事があるので、参考にしてください。
化粧品は肌を壊す有害物質?クレンジング剤や洗顔フォーム、内臓障害や胎児奇形の危険
http://biz-journal.jp/2014/12/post_8404.html

すがわら皮膚科クリニック副院長の菅原由香子氏は、”美容に関する多くの情報は誤っていると”警鐘を鳴らしています。

現在の化粧品の課題は、
● クレンジング
● 合成ポリマー(オイルフリーと書かれている化粧品に多いそうです)
です。

化粧品のクレンジングが皮膚組織を破壊しているのは、有名な話です

シワが気になる女性は、コマーシャルを見てお肌の張りが戻ったと感激するそうです。ところが、その化粧品を辞めるとシワシワに戻ります。そこで、びっくりして、また合成ポリマー系化粧品に戻る女性が多いそうです。そこで、ずっと身体に悪い化粧品を使い続けることに…

一度、下記の言葉でネットで検索することをお勧めします。
・ 身体を痛める スキンケア
・ 化粧品 危険な成分 合成ポリマー ナノ酸化チタン 等々

そして、化粧品会社側の人は安全と強調します。安全と主張しないと買ってくれないからです。化粧品は利益幅が多いので、多くの会社が参入しています。ですが、お肌が荒れるというのは、お肌に負担をかけているから荒れるのではないでしょうか?

非精製(ゴールデン)ホホバオイルは、皮膚組織を破壊しないスキンケア
ところが、ホホバオイルでクレンジングすると、皮膚組織を破壊することなく、化粧品が浮いてティッシュなどで簡単に拭き取ることが出来ます。そして、ホホバオイルは皮膚組織を痛めません。非精製(ゴールデン)ホホバオイルは、お肌を傷めないスキンケアです。

お肌を壊す有害物質が入っている化粧品とお肌を傷めないホホバオイル、どちらが良いですか?あなたのお肌を守るのは、あなたです。


インタッチ ホホバオイルご利用者のためにまとめたインタッチ流 正しいホホバオイルの使い方です。内容は、スキンケア、お肌トラブル、ヘアケア、頭皮など幅広い内容を網羅しました。こんなコトにも使えるの!?とびっくりされるでしょう。
他社ホホバオイルで同様の結果が出るとは限りません。

メルマガで、ホホバオイルの本当の使い方・安全なスキンケア・化粧品トラブルなどを紹介しています。このような記事に興味がありましたら、メルマガに登録して下さい。皆様の登録をお待ちしております。
インタッチ アロマケア メルマガ登録

お肌を傷めないインタッチ ホホバオイル・スキンケアは↓↓↓ココ↓↓↓から購入出来ます。
インタッチアロマケアショップ

このページの先頭へ