メルボルン 日本人女性コーラスのコンサートへ

コンサートのパンフレット写真です。

今日はメルボルンにあるユーカリ エコーという日本人女性コーラス・グループのコンサートに行ってきました。今年で35年を迎える、女性だけのコーラス グループです。男性は一人もいません。日本では、コンクールを目指すグループが多いらしいのですが、そんな面倒なことはしないという、ただ歌いだけのコーラス・グループです。

会場は、教会などの場所をお借りして内輪で、家族と友達でコンサートを開いています。コンクールで優勝なんて、考えません。歌を歌って、皆で歓談するというお気楽コンサートです。だから、35年も続いたのかなと思います。

脱落する人がいたら、日本人人口が少ないメルボルンなので、グループは無くなっています。日本人のコミュニティは小さいので、それで十分ではと思います。

約二時間のコンサートの後に、お茶とお菓子で雑談です。久しぶりに合う人達と、情報交換です。岡山へ引っ越ししちゃうのですか?とか、もうすぐですね?とか、いろいろな人から聞かれて、答えていました。

たぶん、オーストラリアに長く居る人なら知っているあるカンタス航空のCMに採用された有名な曲があります。ピーター・アレンというオージーの歌手なのですが、アメリカで長い間歌手として活躍しました。しかし、ある時エイズということが分った時に、オーストラリアに帰ろうとしたところ、帰国を拒否されました。その失意の時書いた曲が、I still call Australia home です。結局彼はアメリカで亡くなりました。この話の映画まで作られました。

この曲と、彼のことは、オージーなら誰でも知っていると思って良いと思います。↓にリンクを入れたので、よければ見て下さい。いろいろなバージョンが有ります。私の好きな曲そしてCMの1つです。

1998 Qantas TVC-Australia Home II

そして、これにはまたあるカップルの人生が変わった話が有ります。続きを書こうと思ったのですが、もう遅いので次回に…

このページの先頭へ