メキシコでサメがオリから逃げ出した…

今朝のニュースでびっくりした話

Great White Shark Cage Breach Accident
動画へのリンクです。

メキシコでサメを撮影していた?しようとした?中国人が入っていたカゴの中にサメが突入

入ったサメはサメで、殺されると思ったのか慌ててカゴから抜け出したところの写真が↑です。

このサメを撮ろうとしていた中国人の人は、また写真を撮りたいと余裕で言っていました。ですが、船の上の責任者みたいな人は、箱に飛び込むか辞めるかとオタオタしているのが見えて、ちょっと緊張しました。

やはり、大きなサメだとオリを作っていても簡単に壊れる時があるのですね…。見るからに大きいサメですから、ちょっとサメが大きすぎたのかもしれません。

しかし、世の中びっくりニュースがたくさんあります。

そう言えば、アメリカ・カナダでは自然の狼がいなくなってから、鹿が増えすぎたために自然破壊が進んでしまったそうです。植物を食べ過ぎるので、自然が荒れてしまったそうです。そこで、カナダにいた狼を捕まえ、イエローストーン公園に放したそうです。

自然界は、植物、草食動物、そして肉食動物などのバランスの上で自然が成り立っています。狼を放したことにより、最初は増えすぎた鹿を食べる狼が増えたとしても、最終的には、ある一定の割合で落ち着きます。

人間が自然に介在すればするほど、自然のバランスが崩れるという、いい例でしょう。

動物との共存を考えると、イエローストーンに狼を放したのは良いことだと思います。

それを考えると、オーストラリアでは野生のネコが増えすぎて野生の鳥を食べてしまうという、自然体系が狂ってしまいました。

日本では、アメリカの魚を湖に放し、湖に生態系がおかしくなったという話を聞いた覚えがあります。

人間の身体だって同じです。ちょっと我慢すれば本来なら自分の身体の調整機能で収まるのに無理やり抑えるので、治ったようで本当は治っていない。アトピーのステロイドにも言える話です。

現れている症状からどうしてそうなるのかを考えるのが一番だと思います。

このページの先頭へ