阿蘇山噴火、九州の皆さんご無事でしたか?

今朝知ったのですが、阿蘇山が噴火したとのこと、九州にお住まいの方々大丈夫だったのでしょうか?

私は、関東大震災の再来、富士山噴火の再来が怖いとオーストラリアに移住したので、岡山へ引越する前で、気になっています。なったらなったと諦めるしかない?

いずれにしても、新聞やテレビのサイトを見て、直接の被害は大きくないので一安心というべきなのでしょう。

ネットで火山や地震を研究されている人達のサイトを見るといろいろ書いてあるので、時々見ておくと良いかもしれません。

こういうことがあると、◯◯の時にはどうしようと家族内で打ち合わせをしておくことが一番大事だと思います。

特に東京圏のように大きいところで、旦那さんは都心で仕事、あなたとお子さんは都下にすんで場合いると大変ですね。前回の東日本大震災の時は、携帯が使えないため公衆電話に長蛇の列ができている写真を見た覚えが有ります。

携帯が使えない場合には、どこへ避難するとか、市内の避難場所を確認し、そこに至る場所への道のりを確認し、歩いてみるのも良いと思います。

昔、東京で大雪になって電車が動かなかった時が有ります。その時は、普段なら30分もあればいくバスが4時間とか掛かったような記憶が有ります。

たぶん地震なら、歩いたほうが早いと思います。地震だと、家屋や電信柱が倒れたりするので、大変ですよね?

過去の災害は、お住いの市役所などで確認出来ます。ハザードマップを見ると、浸水などの災害について見ることが出来ます。一度、ちょっと市役所へ行って過去の災害の時にどのようになったのかを探してみるのが良いと思います。

あとは、水害がないところに倉庫を借りて大事なものを入れておくのもあるかも知れません。そんな心配をするのならマンションなら良いのでは思うでしょうね。

でも私は、マンション嫌いなのです。なぜ?閉所恐怖症ではないのですが、平屋に住んでいるとマンションって面倒くさいのです。借りて住むのはよいと思うのですが、オーナーにはなりたくない…管理組合が面倒だからです。

ちょっと脱線しました。

これをいい機会にして、お住いの地域の過去の災害を調べ、家族での危機管理について家族内での打ち合わせをすることをお勧めします。何があった時は、どこへ避難する。歩くルートは、◯◯から△△へ…など

小さいお子さんには、お守りのなかに名前とか緊急連絡先を入れておくのも有りますね。いつもこのバックをもつとか、服に縫い付けているお母さんも居ました。

自分の住んでいるところで、過去の災害を知ることは大事です。

特に新しく開発した分譲住宅地って昔に大きな災害があったりする場合が有ります。地名に◯などの文字が入っていると過去の水害があったとか想像できるのですが、今は地名を代えてしまうので、分からなくなっています。その場合は地形から判断するしかないのですが、それも怪しい場合が有ります。

お住い場所がどんな場所なのか、いま一度確認することをお勧めします。

このページの先頭へ