自然の猛威はすごいエネルギー、州全体が停電に…

メルボルンがあるビクトリア州の西側に、南オーストラリア州が有ります。

昨日は、その州都のアデレードという街だけでなく、州全体が翌朝まで停電してしまったのです。

しかし、州全体が停電なんてすごい事態です。停電がちょっと長いなと思ったら、無理をせずに、おやすみですね。でも、朝になっても電気が来なかったら、仕事が出来ないです…注文を処理できません。

もし、注文発送の案内が来なかったら、メルボルンが1日停電になったと思って下さい。

急ぎで注文だったのに…と言われても、停電ではなにも出来ませんので、メールが来なかった場合は、月曜日の発送と思って下さい。

私が、サボっている訳ではありません。この点を充分にご理解をお願いします。

でも、本当か?という疑い深い人も居るでしょう。その証拠をお見せします。

k

これが証拠写真です。

なんと、オーストラリア フットボールの前日の休日でした。

たまたま、重なったのです。

しかし、たかがフットボールの最終戦が人気のあるスポーツだからって、休日にしなければならない理由は?公務員・大会社的発想ですね。

この頃は、休日の時給は、平日の50%増しです。なので、小さなカフェみたいな小さいビジネスには不人気です。お店を開けないビジネスも有ります。話しを戻して、

しかし、今回の停電で改めて、テレビで報道しているのは、

● 冷蔵庫のドアを開けない←冷蔵庫の中の温度を保つため
● ロウソク、懐中電灯、電池のラジオ、予備のバッテリー
● 携帯を充電するための装置
● 飲用水
● 非常食
● 電気で開け閉めするセキュリティードアをロックしない
● 車のガソリンを満タンにする

こんなことが書かれてました。

考えてみれば、昔の日本はこんなことは当たり前でした。ですが,今回の台風は、多大な被害をもたらしたので、普段から非常事態に備えて準備するのは大事ですね。

なんとなく思うのですが、台風の数って増えていませんか?私が思う台風で一番怖いのは、堤防の決壊です。

トヨタのプリウスみたいな車は、洪水になると壊れるようなことを見た気がします。こんど岡山で車を買う時には、この点を確認したいと思います。

今年の台風の数って、なんかいつもの年より数が多かった気がするのですが、どうでしょうか?

自然災害は、すごいですね

備えあれば、憂い無し

で備えたいと思います。

このページの先頭へ