新しいものを作ると、新しい課題が増えてくる…

太陽光発電設備等のリユース・リサイクル・適正処分に関する報告書(↓にリンクを入れました)というのが出されていました。

新幹線に乗っていると、畠の跡地などに見られる太陽光発電のパネル。

たしか岐阜羽島の近くにはシャープの工場なのか研究所なのか建物全体が太陽光発電のパネルで覆われているビルを見ることが出来ます。そして、大阪から西へはもと畑だったところに、太陽光パネルを立っている畑を見ることが出来ます。

新しいものを作ると、新しい課題が増えてくる

原子力発電も同じですが、始めに廃棄物をどう処理するかは、その内に確立するであろうと始まりました。ですが、今でも原子力発電所からでる廃棄物を安全に保管する場所は確定していません。

そして、今度は太陽光パネルの処理をどうするのか、これから検討し始めているようですが、どう処理するかは決まってないようです。なんか、いつも後手後手ですね…

大量の出る廃棄物を安全に処理する方法が見つからない場合は、そうなるのでしょうか?私的には、LEDの光が嫌いです。ヨーロッパ車の前照灯が、痛いです。この頃前照灯がLED車が多いと思います。

その前照灯の光が青みがかって強いので、痛いのです。以前に東京水族館のクロマグロが全部死亡した記事がありましたが、LEDライトを使っていたそうです。そして、あるブログに水槽にLEDライトを使っていた金魚の骨が曲がったそうです。これから考えるとマグロはLEDライトで???

技術の発展が、問題を作り出しているように見えます。太陽光発電が社会問題として検討されるのなら、LEDライトも検討して欲しいと思います。

結局は、太陽光パネルのゴミ処理コストと環境破壊のコストの比較がどうなるのか?そして、人の健康か?消費電力の削減か?

どっちを優先すべきなのか?

なかなか難しい課題ですね。

それと比較すると、アロマセラピーは、そんな課題は有りません。計算上の話ですが、体重50キロの人がインタッチ ホホバオイル 1Lを一気に飲んだとして死亡する確立は、5%以下です。ほとんど死にません。他社さんのホホバオイルは、知りません。

精油に関してもホホバオイルなどで希釈してから皮膚に塗るのであれば、多少高い濃度でも安全です。詳細は、経験のあるアロマセラピストに相談して下さい。

おかげさまで、肌荒れ用オイルは人気です。化粧品でお肌が疲れてしまった女性に好評です。この10月末からしばらく閉店します。気になる場合は、今のうちにお求め下さい。

太陽光発電設備等のリユース・リサイクル・適正処分に関する報告書
http://www.env.go.jp/recycle/recycling/renewable/h2710/h27-02.pdf

このページの先頭へ