銀座にある天使のたまごの藤原 亜季社長に会ってきました

今回のビジネストリップでは、銀座にある天使のたまごの藤原 亜季社長(右側)と会ってきました。

銀座にある本社へお邪魔した時に、「先生、お久しぶり!!!」で始まってから、いろいろな話がポンポンと出てきて1時間があっという間に過ぎてしまいました。やはり、女性同士ですと話のテンポが早いです。

実は、今回の日本へのビジネストリップの一番の目的は、内緒

とは出来ない話なので、お話します。この10月末で一度メルボルンでの活動を休止し、12月に岡山で支店を設立する予定です。

岡山に支店を設立する理由ですが、一番の理由はメルボルンからの配送が面倒なことです、ではありません。一番の理由は、オーストラリアで得た知識と経験を日本に拡げたいと思ったからです。

日本に支店を開設する理由ですが、

① 日本でアロマセラピーについて誤った知識が教育されていること。

② オーストラリアで学んだアロマセラピーの知識と幹細胞治療を含むインタッチがメルボルンで実践してきて得た知識と経験を、日本へ拡げたい。

これらの2点を日本のアロマセラピスト等に拡げたい思ったからです。

日本では、妊婦マッサージがあまり行われていませんが、メルボルンのクリニックでは15年も実践してきました。

妊娠中は、どうしてもいろいろ◯◯をしたら流産してしまうのではと心配というか過敏になってしまいがちです。ですが、メルボルンには、日本人で中国針の先生も話をしているのですが、安定期にはいったらアロマでは流産しないと言っています。

今回の藤原社長からも、彼女のクリニック スタッフへの指導も頼まれており、いろいろな分野でお手伝いしたいと考えています。

気になるインタッチの製品ですが、日本での化粧品登録もありホホバオイルは、すでに化粧品登録するための検査を終了しています。それ以外の製品も順次準備を進める予定ですが、12月の販売時点では、ホホバオイルだけになるかもしれません。

ひょっとすると、リペア オイルヒーリング オイルについては、難しいかもしれません。日本にいるコンサルタントの人と調整している段階です。このため、これらの2点が気になる方は、今の内にお買い求め下さい。箱に入れて冷蔵庫で保管すればより長持ちします。

リペア オイル
ヒーリング オイル

来週から、一番需要がある時期に供給できないので、ご迷惑をおかけしてすみません。このため、来週9月12日(月曜日)から10月30日(日曜日)までご迷惑セールを実施します。

このページの先頭へ