ボルトの3回オリンピック出場そして三種目ずつの金を合計9個はスゴイですね

メルボルンでオリンピックを見ています。

ブラジルのオリンピックでは、いろいろ有りました。

まず、オーストラリアの選手の宿泊施設が出来ていなかった。このため、いろいろなところへ分散して宿泊。

出来たと思ったら今度は水の品質が酷いとクレーム

ぼや?で選手が夜中に避難

オーストラリアの選手団代表の人が疲れきった顔でマスコミの応対

いろいろ合ったようです。そんなオリンピックですが、もうすぐ終わりですね。

今回は、日本頑張りましたね。

今度の東京オリンピックに向け相当トレーニングした結果でしょうか?

ブラジルにとっては、オリンピック開催で国としてポジションを上げたと思います。これで南半球で数少ないオリンピック開催国になりました。オーストラリア、南アフリカ、そしてブラジル

オリンピックが開催されたという実績から、新しいレベルの国として発展して欲しいと思います。

次回は、東京オリンピックですが、どうなるのでしょうか?フランス・イギリスがいろいろ話をしているようです。

私の個人的に気になるのは、東京の放射能の汚染問題を無視することは出来ないのではと思います。無理に開催して放射能汚染を受けたって裁判になったらどうするのでしょうか?

自分勝手な国と言われるのかもしれません。以前神奈川県まで非居住指定地域レベルまで汚染されていることは、お話しました。

開催して儲かるのは建築業界と食品業界ぐらいで、その他のどんな産業によい結果をもたらすのでしょうか?一時ではなく、継続的な成長を望めるのが良いのですが。

それだけではありません。元外務官僚 原田武夫氏が自身のブログで今年9/21前後ヨーロッパで大規模災害が起こると書いています。世界的に有名なドイツ銀行が倒産しそうという話が、長い間燻っています。なので、この件かも知れません。彼は、日本語で書くと叩かれるので、日本語では記事を書きません。ということは???と感を働かせて下さい。

ドイツ銀行が倒産という話になれば、これに関連するアメリカの銀行なども巻き込まれる可能性が有ります。不動産を借金して買うのは、ちょっと怪しい状況です。もし買うのなら現金で購入して下さい。オーストラリアの銀行が、ニューヨークで訴訟を受けたり、いろいろな話が有ります。金融業界がちょっと世界的に怪しいことは知っておいて下さい。

日本のマスコミはまともな経済の話とかを報道しないように思います。放射能の事を含めいろいろ自分のアンテナの感度を上げないと、世の中これからどんどん厳しい方向へ向かっているように見えます。

皆さんの参考になれば幸いです。

古川 寿晃

このページの先頭へ