ポチッとする前に、考えてみる…

右や左の旦那様をする

私は、◯◯先生がこう書いているというのを、素直に信じません。

1つは、その先生の業界にもよりますが…

それぞれ、コレには良いのだけど、
あっちにはダメというのが有ります

広告は、都合が悪いことを隠し、
お客様に都合がよい部分を強調したCM
を宣伝します。

経済でいうと、今は不景気対策とか景気振興のために、
いろいろな景気策といっていますが、たぶん景気が回復
することはないでしょう

政府が一生懸命景気対策といっています!!

と叫ぶ人がいると思います。ですが、ものごとって
流れがあります

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

という言葉が有ります。ですが、私はちょっと
違うと思っています。私が思うに、

「愚者は経験から考え、賢者は歴史から考える」

だと思います。理由は、次の行動をする時に、
何をベースにして考えるのか?ということです。

経済を勉強すると、7X年サイクルというのが
有ります。

1929年にニューヨークマーケットクラッシュ
があって、それから
1932年に世界大恐慌になりました。

アメリカはニューディール政策を実施しましたが、
アメリカが景気回復をしたのは、
1941年に世界大戦に参戦してからです

これもニューディール政策の失敗を隠すためと
悪口をいう人がいます…

2008年にリーマン・ショックがありましたが、
1929 + 79 = 2008
見事に7X年サイクルです。

だから、2008 + 3 (=1932-1929) = 2011年

に、世界大恐慌2nd になるのかなと思って
いましたが、まだですね

そして、不況に入れば、戦争???

という嫌な連想をしています。

なぜ、そんな事を考えるのですか?という人が
いると思います

なんでもそうですが、世間の動きとかを考え
準備すべきと考えるからです

東京の地震だって、
関東大震災級の大地震があってもおかしくないです

また、江戸時代にあった富士山の宝永山の噴火があっても
おかしくありません。

それで、オーストラリアに引越してしまったのです…

大事なことは、常に先読みをして準備することです

東京に住んでいるのなら、
・ 放射能がないところへ
・ 地震が来ないところへ 等々

引越すれば良いと思います。現に、

東日本大地震のあと、世田谷区と杉並区の
人口が1/3 減ったと言われています。

大企業や中央官庁の奥さん・子供は大阪方面へ逃げた…
との噂があります

この噂を聞いて、ある街をぶらぶらした
ことがあるのですが、確かになんとなく人通りが
少なくなったように思います。景気の影響かもしれません

だから、政府が何を言おうと、自分がおかしいと
思ったら、ネットで調べたりすれば良いのです

政府が◯◯と言ったら、
それと逆のことを言っている人の内容をチェックしてみる

両方の意見を比較して、困る方をベースにして
こうなったらどうしよう???

これしか、あなたの家族を守る方法はありません

古川 寿晃

インタッチ アロマケア メルマガ登録
はコチラからどうぞ

このページの先頭へ