ホホバオイルの本当の使い方:ニキビ にきび

ニキビ

基礎化粧品として人気があるインタッチ ホホバオイルですが、今回は、ホホバオイルの本当の使い方としてニキビを取り上げました。

ニキビは、ホホバオイルを利用したフェイシャル ケアを始める大きな割合を占めているようです。

ニキビの症状は、毛穴の中に皮脂が溜まってなります。皮脂が出過ぎるケースもあるようですが、皮脂が排出されにくくなったためになると説明されています。

多くのサイトで毛穴が詰まる理由として上げられているのは、
皮脂の過剰分泌
角化異常

皮脂の過剰分泌の場合
毛穴が詰まったところに雑菌が繁殖し、白血球がアクネ菌を殺した残骸が白いニキビです。

最初にすべきことは、毛穴を塞いでいるゴミを取り除いて毛穴をきれいにしましょう。雑菌が繁殖しているのなら、殺菌することが必要です。

脂は油で落とす
ホホバオイルは毛穴に浸透し、毛穴を防いでいるゴミを取り除く手助けをします。
(このため角栓除去にも利用されています。)

毛穴のゴミと雑菌の残骸が取り除かれたら、毛穴の補修をしなければなりません。

本物のインタッチ ゴールデン ホホバオイルには、血行促進作用があるビタミンEが入っているので、損傷した毛穴の補修をすばやくすることが可能です。

(インタッチ注:
無色透明のクリアーと言われる精製ホホバオイルには、血行促進作用があるビタミンEは残っていません。このため、精製ホホバオイルを利用しても血行促進作用を期待できません。)

早く白くプチッとなっているニキビを早く、どうにかしたいのでしたら、殺菌効果がある精油を配合したヒーリング オイル
を利用すると、ニキビの改善が早く出来ます。

若い時にニキビを潰し陥没してしまった場合には、ケロイドと呼ばれ皮膚組織の成長に時間がかかります。この場合は、お肌を整える作用がある精油をブレンドしたリペア オイルをご利用下さい。

はやく、お肌を整えるには、時間がかかるので、最初からホホバオイルとリペアオイルをセットでご利用を始めましょう。

このページの先頭へ