ホホバオイルの本当の使い方:角栓除去(オイルクレンジング)

基礎化粧品として人気があるインタッチ ホホバオイルですが、
今回は、ホホバオイルの本当の使い方として
角栓除去(オイルクレンジング)を取り上げました。

インタッチ ホホバオイルを利用したオイル クレンジングで、
角栓が面白いように取れます。(角栓除去)

お風呂上がりにホホバオイルを手にとって
気になるところで軽くクルクルして下さい。
その後、ティッシュで拭きとって下さい。

白い角栓がプチプチと面白いように出てきます!!!

プチプチが取れると、顔がすっきりします。

出てきた白いプチプチはテッシュで
拭きとって下さい。

その後はお顔が何となくすっきりするでしょう。

インタッチからの注意:
ホホバオイルには、ビタミン・ミネラルが入っていると解説しているサイトがありますが、
精製(クリアー・無色透明)には、ビタミン等は入っていません。注意して下さい。

非精製(ゴールデン)と精製(クリアー)の違いは、
【非精製(ゴールデン)と精製(クリアー)の違い】をご覧下さい。

非精製ホホバオイル(ゴールデン)は、ビタミン・ミネラル等が入っています。

さて、白いプチプチと出てくるのは
何でしょうか?

化法品会社は角栓は皮脂と説明しています。ですが、
皮脂ならホホバオイルと馴染んで出てきてもおかしく
ありません。

普段化粧品を利用していないところに、
顔と同じ要領でホホバオイルを塗り
クルクルして白いポチポチが出てきますか?

化粧品を利用しないところに
ホホバオイルを塗ってクルクルしても
白いプチプチが出ないということは?

角栓の白いポチポチは、
シャンプーや化粧品などの石油系素材の残滓が
が出てきたのです。

同じように、頭皮の場合はシャンプーの
残滓が出てきます。

そして皮脂のワックス成分とほぼ同じの
ホホバオイルを長年利用していますが、
白い残滓が出てくるような事は有りません。

生活用品会社・化粧品会社って、自分に都合が
悪いことを皮脂が悪いと押し付けます。

ですが、体って石油系素材に対応出来て
いないのです。だから残滓が毛穴などを
塞いだら、除去出来ないのです。

人間の身体は、毛穴のゴミを自動的に
吐き出すシステムができていますが、
石油系素材のカスを出すまでは進化していないのです。

インタッチからの注意:
角栓除去をしたいために、お風呂場に
ホホバオイルを持ち込む人がいます。

ですが、ホホバオイルをお風呂場に持ち込むと、
ボトルに湿気が入ります。

そしてボトルに湿気が入ると、
ホホバオイルにカビが生えます。

なので、お風呂場などの湿気が高いところに
置かないで下さい。

普段は、湿気がない乾燥したところに保管して下さい。

残滓の周りのお肌が固くなっていると
すぐには出てきません。

ちょっと気長に何度かクルクルして下さい。

なんでもそうですが、すぐに結果を出そうと
するから、無理な製品を使ってしまうのです。

お肌を大切にしたいのなら、
焦りは禁物です。

このページの先頭へ