角質培養のスピードアップに、インタッチ ホホバオイルは最適です。

ケミカルピーリング(ゴマージュ、レーザー、レーシック、スクラブ)など
をしていると、角質層が薄くなってしまいます。

角質層が薄くなると、体を保護することが
できなくなります。

ちょっとした事で、皮膚が赤くなったりします。

丈夫なお肌を取り戻すには、
角質層を厚くすることが大事です。

このごろ角質培養が話題になっているのは
このためです。

化粧品や医薬品で角質培養出来ないのは
これらのベースが石油系成分なので
角質層へ浸透しません。

だからとナチュラル オイルで保湿しようと
すると、今度は角質層でとどまらず、
体内まで通り抜けてしまいます。

人間はもともと皮脂で体の保護膜を
作りますが、残念なことに二十歳を
過ぎると供給が少なくなってしまいます。

ホホバオイルは人間の皮脂とほぼ同じです。
そしてオイルでなくワックスです。

このためホホバオイルは角質層の細胞間脂質として
累積します。

ホホバオイルが細胞間脂質として累積すると、

・お肌からの水分蒸発
・お肌からの異物や汚水の浸透

を防ぐのに役立ちます。

だからお肌を丈夫に皮脂の変わりにホホバオイルを
利用するのが、角質培養に最適なのです。

そしてインタッチのホホバオイルは、
血行促進作用があるビタミンEが
入っています。
←配合したのではなく、ホホバの実に含まれています。

このため、角質培養をスピードアップするのに
最適なのです。

お肌トラブルでお悩みなら、
インタッチ ホホバオイルをご利用下さい。

あるサイトでホホバオイルを塗って脂漏性湿疹と
かいていましたが、この人は誤解していると
おもいます。

理由は、
角質培養をするのですが、角質が薄くなっています。

インタッチ ホホバオイルは血行促進作用が
あるビタミンEが入っているので、ある程度塗ると
血行が促進されます。

そして角質層が薄いのですから、直ぐに赤くなります。
←これで脂漏性湿疹と誤解していると思います。

そして、暖かくなるとかゆくもなります。
←これで脂漏性湿疹と誤解している可能性があります。

なので、十分注意して読んで下さい。

これらの理由から、アトピー性皮膚炎の
脱保湿はお勧め出来ません。
理由は、保護膜の形成に時間が掛かり過ぎるからです、

アトピーは湿疹なので皮膚表面が傷んでいます。
充分に保水できるお肌ではありません。

ですが、ドクターはワセリンとオリーブオイルを
ごちゃまぜにしています。

20歳をすぎれば皮脂の供給が減ることを
知っているのに拘わらず、なんとか自力で
皮脂が出るのを待とうとします。

それよりは、さっさとホホバオイルを塗って
お肌の保護をしたほうがより早く改善出来ます。

これらの理由から、角質培養・保湿には
インタッチ ホホバオイルが最適です。

このページの先頭へ